あまりイメージに無いかもしれませんが、NURSEが働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。
職場が保育園となると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、ぴったりの職場でしょう。
しごとの内容は、看護師として子ども立ちの健康をケアしながら、おせわや授乳など保育士のお手伝いするという責任のあるしごとだと言えます。
NURSEがはたらく場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務し立ときのいいこと、良くないこともふくめ、どういったことが起こりうるのか、知っておきましょう。
まず第一に、術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になるんです。
マイナス面としては、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。交代制でシフト勤務に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になるんですが、土日祝日の休みをとることもできます。
簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになるんです。何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。他には、個人の病院で入院施設がなければ、多くの場合は土日は休みでしょう。
日夜、ナースとして厳しいしごとをつづけていると、大変な目にあったりもします。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考えるようになってもおかしくありません。
一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない病棟として知られているのは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんのうけ入れはしているのかによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。
今の職場に不満があってナースが転職するときの秘訣は、次のしごとを決めてからやめるのが良いですね。それに、3ヶ月ぐらいは使って注意深く確認して新たなしごとを見つけることを勧めます。
先走って次のしごとへ行くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、願望した条件を満たす職場をしっかりと見つけるようにしましょう。
そのためには、自分の願望をハッキリと指せておきましょう。
全国的にNURSEが不足している現状は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。
その原因として代表的なものは、ナースのしごとが過酷だということが挙げられます。ナースによる医師の補助行為が認められ、しごとが増加する一方になり、勤務時間も長くなってしまい、休みを取ることも難しいのが現状です。
あるいは、シフト勤務で働きながらコドモを育てる事が難しいとして、ナースを退職する人も珍しくありません。
オン、オフの期間を調整できて、興味があってしてみたい、というしごとを多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働でいかすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。
勤務形態はいろいろあり、単発のしごと、短期のしごと、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせて各種の派遣先をえらべますので、看護師のしごとを探しているのであれば派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職活動をしてみてはいかがでしょうか。